豊橋市歯科医師会のホームページ「ミラー」東三河のみなさまに身近な歯科健康情報をお伝えします!!  
     
 
 

会長 代表理事 松井和博

豊橋市歯科医師会役員

副会長 城 周作
  鈴木 研二
専務理事 大賀 将志
会計理事 鈴木誠一郎
理事 伊藤 健二
  安形 吉央
  門園 孝
  朝倉 幹晴
  羽田野 敬彦
  鈴木 規夫
  近藤 裕之
  村田 起一
  門園 誠
  藤城 治義
  城所 貴
  大隅 省
.監事 溝口 政宏
  中島 章雄
 
 

豊橋市歯科医師会は平成22年4月に現在の中野町の「ほいっぷ」に移転し、法人改革に伴い、「一般社団法人豊橋市歯科医師会」となりました。会員数は225名、医院数178医院(令和元年6月1日現在)を有する、県下で名古屋市に次ぐ大きな会です。 
 昭和57年4月に「優しく、患者さんの痛みのわかる」歯科衛生士の養成を目指して会員の手による会立の歯科衛生士専門学校を設立しました。現在30余年がたち、豊橋をはじめ東三河に約1300名の卒業生を送り出しております。平成22年に現在の中野町移転に伴い、校舎は新築され最新の設備を常備し、優れた講師陣によって、3年間で最高の知識と技術を習得できる恵まれた環境を整えて学生教育に当たっています。 
 また、障害をもった市民皆さんの歯科治療にも力を入れており、18歳未満の障がいのある子どもたちを対象として「こども発達センター歯科」において、「障がい者歯科治療」の認定を受けた専門の歯科医師と歯科衛生士が、木曜日の午前中に歯科治療を行っています。さらに、18歳以上の障がい者に対しても、ホイップ内に併設している「休日夜間・障がい者歯科診療所」において、木曜日の午後に診療しております。 
 歯と口の健康は、食べる喜び、話す楽しみなど生活の質(QOL)に直接関わるとともに、全身の健康にも深く関与していることが明らかになり、その大切さが見直されています。豊橋市では歯と口の健康推進のために平成28年に「豊橋市歯科口腔保健推進条例」を施行し、平成30年より具体的な取り組みを進める豊橋市歯科口腔保健推進計画を策定しました。

豊橋市歯科医師会は豊橋市と連携しながら、市民の歯と口の健康に貢献していきます。

常に市民と同じ目線で市民とともに歯と口の健康を推進する、そのような存在として豊橋市歯科医師会は活動します。